報告3.奨学生5人の面接

奨学生になっている5人を面接。3年ぶりに会ったエルナンに思わず「大きくなったねえ!」と声をかけた。マイクも他の少女たちも大人っぽくなっていた。全員に引き続き奨学金を与える約束をする。将来の進路については、看護師(ジェシカ、シャダニー)医者(マイク)家具職人(エルナン)会計士(ナターシャ)と多様。
しかし、私たちの奨学金は中学と高校までをカバーするだけである。奨学生たちの夢を叶えるためには大学、専門学校への進学が必要で、更に奨学金が必要になる。全員に、早いうちから親・先生と相談し大学での奨学金を申請出来るよう調べるようにアドバイスしたが、私たちも国際的な支援や奨学金について調査し、一人一人にアドバイス出来るようにしていきたい。ご存知の方、教えて下さい。

Exif_JPEG_PICTURE

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク