ハイチのマリー・クレールさんから現地の情勢について情報が入りました。

ハイチのマリークレールさんからハイチの情勢について:

「このところ、ハイチの政治情勢はとても悪く危険なため、セスラは校門を閉ざしたままです。

セスラばかりではありません。

学校という学校、銀行、商店、他の多くの公共施設も同様に閉まっています。

ですから、私はまだ、送っていただいた支援のお金を銀行から引き出すことができないでいます。

ガソリン不足のためバスは走らず、外出することそのものが危険です。

というのはジョブネル・モイーズ大統領の辞任を求めるデモ隊があちこちで道路を封鎖しているからです。


国の状況が秩序をとりもどすことを願いつつ、この状況がどのように展開するかを見守っているところです。

神さま、ハイチをお守り下さい。そして子どもたちにより良い未来をお与え下さい。
マリクレール」

とても大変みたです。早く情勢が安定する事を心から願うばかりです。

カテゴリー: ニュース タグ: , パーマリンク