当会について

設立の経緯

2002年 当時NPO法人バナナペーパープロジェクトの活動家であった高岡美智子と吉行伸が、セスラ校長マリクレールさんの妹・山田カリンと出会った。

2003年3月高岡、吉行はバナナペーパー工房の視察のためハイチへ旅行。 通訳と案内をしてくれた山田カリンとともに、彼女の姉が設立したセスラ校を訪問した。セスラの子どもたちと献身的な教育者マリクレールさんに出会い、ハイチには何よりも教育が大切!セスラを支えようという思いから、2003年6月、ハイチの会・セスラ設立に至った。以来、この学校が資金難のため閉鎖に追い込まれることのないように、学校支援を活動の中心にしてきた。

私たちの支援は先生たちのお給料の半分近くをカバーするに過ぎず、学校は慢性的資金難を脱するにはいたっていないが、毎月決まった金額が約束されたことは学校に大きな安定をもたらし、教師たちや父兄からも感謝されている。

設立の呼びかけ

【設立の呼びかけ】

会の概要 2014年4月

名称 特定非営利活動法人ハイチの会セスラ
設立 2003年6月10日 2014年4月特定非営利活動法人になる。
事務所 神奈川県横浜市中区本牧原5-2-106
代表 高岡 美智子
特別顧問 山田カリン
相談役 佐藤文則
会員 約50名
url http://www.haitinokai-cesla.com

会の目的

この会はハイチの貧しい子どもたちを、政治や宗教にこだわることなく心から支援することを目的に活動する。